2007年09月27日

観劇と映画

9月に観た映画と舞台をまとめてupひらめき

劇団四季のウィキッド
舞踊会
秀山祭九月大歌舞伎
HERO(映画)
劇団四季のウィキッド ++ 9月26日++
wicked.jpgWICKED
「誰も知らない、もう一つのオズの魔法使い」
オズの魔法使いを別の角度から見たお話
なぜ 善い魔女と悪い魔女なのか・・・

半年ほど前にチケットを購入して待ちに待った
ホントに楽しみにしていました
2階席の1番前でしたが汐留の劇団四季「海」は
席が急斜面なので後方でもしっかり観れます

休憩があって、そこからラストまですごい展開で
最後にはただただ号泣

俳優さん達の声量の素晴らしさに鳥肌
特にエルファバ(濱田めぐみさん)の歌唱力は
どう表現していいのかわからないほどすばらしい
・・・・・「すばらしい」って言葉じゃ小さすぎるかも!



舞踊会 ++ 9月24日++
minori.JPG父の元でお稽古されている方がご出演
3年に1度の会ということで、3年前はまだお会いしていなかったので、今回初めて観に行きました
いつもは父のお弟子さんという立場だけど
この日は厳しくて優しいお師匠さんのお顔
いつもどんなに暑くても天気が悪くてもお着物を着て来られる方で、着こなし立ち振る舞いはもちろんのこと人との接し方などなど、人として勉強になることがたくさんあります




秀山祭九月大歌舞伎の夜の部(歌舞伎座) ++ 9月19日 ++

一、壇浦兜軍記 阿古屋
阿古屋の玉三郎さんは美しいくすばらしい演奏でした
数年前にも見たことがあったけど本当にすばらしい
お琴・三味線・胡弓を実際に舞台の上で演奏する役柄
今では玉三郎さんしか演じられないそうです
岩永左衛門(段四郎さん)だけ人形振りでホントに面白かったです
この演目は元々文楽だそうなので名残なのでしょう
今度は人形浄瑠璃を観たくなりました

二、新古演劇十種の内 身替座禅
文句なしに面白かったです
周りからもずっと笑い声が聞こえて余計に面白かった
3階席なので花道が見えず残念でしたが
また次回の楽しみが出来ました

三、秀山十種の内 二條城の清正
初代吉右衛門さんが得意としていた清正
ストーリーはとても感動的でウルウルしちゃいましたが
夜の部の最後ともあってちょっぴり疲れが。。。
イヤホンガイドを借りればよかったな
次回は何を観に行くか思案中です



映画HERO ++ 9月17日 ++
hero.jpgドラマ・スペシャル・再放送まで全部観ているので
話の繋がりや流れがわかるので面白かったけど
kazはところどころわからないところがあったみたい

帰りにkazがひとこと「キムタク かっこいいよなぁ」
たしかに!
キムタクがいいのか久利生公平がいいのか?
どちらにしても同姓にもカッコイイって言われる
キムタクはやっぱりカッコイイぴかぴか(新しい)
posted by mico at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | mico | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。